タイムスリップ取引で資産を増やす

タイムスリップ取引とは?

タイムスリップ取引とは、一言で言うとビッグデータから未来の株価や為替を予測し、サーバー連動型超高速トレードプログラムを用いて収益を上げるシステムのことです。

ここで言うビッグデータとは、世界中のソーシャルメディア等に書き込まれる情報のことであり、これを収集分析することで近い未来を予測し、取引を有利に進めるのです。

さらにサーバー連動型超高速プログラムを活用することで1000分の1秒の間に発生するFXブローカー間の価格のズレを監視し、為替レートの安いブローカーで買い、為替レートの高いブローカーで売ることで利益を上げます。

このように人だけではできないことをスーパーコンピュータを用いることで、近い未来を予測し取引をする、あたかもほんの少しだけタイムスリップしたような取引であるため、タイムスリップ取引と呼ばれています。

自動売買システムは、トレードの世界では標準になりつつある。

タイムスリップ取引も自動売買システムの1つ。実は、世界の市場の取引ではコンピュータを使った自動売買が6割ほどあるとされ、標準になりつつあるのです。

では、なぜゴールドマン・サックスやJ.P.モルガンといった世界の名だたる証券会社やヘッジファンドも自動売買システムを主流としているのか?

それはコンピュータを使うことでマイクロ秒(100万分の1)単位という超高速での売買が可能となり、市場の動きを読み素早いトレードが可能となるからです。

市場の状況、市場にインパクトを与える情報を解析し、瞬時に判断するにはコンピュータの力が欠かせないというわけです。

しかもAIの導入も確実に進んでいて、証券会社の首切りも進んでいると聞きます。外資はその辺、ほんとドライですからね。ガツガツ行ってるみたいです。

タイムスリップ取引を始めるには?

そんなにすごいシステムなら、ぜひ試してみたいと思うかもしれません。自動売買システム自体は一般公開されているものもあり、個人のパソコンで利用することも可能です。

ですが、設定がむずかしくパソコンに不得手な人には向きません。

何よりタイムスリップ取引を可能にするには、膨大な情報を超高速で処理できるスーパーコンピュータが必要であり、膨大な情報をやり取りするためのインフラ(回線)も必要です。

さらに超高速で取引をするためには、注文が滑りにくい環境(インターバンク直結のNDD取引業者になる)を整える必要があります。これらを個人が揃えることは無理なのです。

では、どうすればいいのか?

タイムスリップ取引ができる証券会社やプライベートバンクにあなたの資金の運用を任せる必要があります。

ただ、高度なシステムを利用した運用プランは、数千万円という大きな資金が必要であり富裕層向けであることが多いのが実情です。

ですが、海外ならごく一部に小口(100万円から)から運用を任せられるところもあります。

海外だからとあきらめる必要はありません。ぼくの利用しているところは仲介してくれる日本人のプライベートバンカーがいるため、英語がわからなくても大丈夫でした。

その名前は・・・^^

運用を任せる証券会社を決めるときのポイントとは?

日本国内の証券会社に運用を任せた場合、多くの場合、売買にかかる手数料を主な収益の源としており、あなたの運用益とは関係がないのです。

このように運用サイドと個人投資家の利害が一致しておらず、運用サイドはあなたの利益よりも売買を優先してしまうこともあるかもしれません。

これでは安心して大切な資金を預けることなどできませんよね。

ですから、運用を任せるなら売買手数料ではなく運用益から成功報酬という形で手数料を取る方式の証券会社やプライベートバンクを活用するのが賢い選択と言えるでしょう。

ただ残念ながら国内では皆無だと思います・・・

ぼくもいろいろ失敗してきました。ほんとに。

任せるにしても投資の知識は必要?

運用を任せるなら投資の知識は必要ないでしょう。ですがそのためには大きな運用資金があることが前提です。

成果報酬制を導入している証券会社は大口のお客しか相手にしてくれないからです。小口でも100万からですからね。

ですからまずは最低でも100万円を作る必要があるわけです。そのためにコツコツ貯金するのもよいですが、折角、投資に興味があるのなら10万とか20万くらいで投資の経験を積んだ方が将来のためになります。

たいてい上手く行くので、そこそこ儲けられます。でも大きな変動で消し飛ばされちゃうんですけどね。なのでなくなっても大丈夫なお金、金額で始めることが重要なのです。

またただ経験を積むだけでもダメです。ちゃんと学ばないと。投資の本なら山ほどあるので入門書あたりを買って学ぶのもよいでしょう。

ウェブで学べるところもあるので、それを利用してもよいです。

※ウェブサイトや動画で学ぶことができます。しかも無料で。
http://virtue-src.com/

こういうものを利用して学びながら、実際に取引もする。そうすることで知識が身についていくものです。

ただ、絶対に持っているお金を全力で入れることだけはしないでくださいね。

ほんと、減るときは減りますから。

減らないなんてことはないです。その代わり増えるときは増えます。トータルで勝てばよいのが投資です。

ま、そうは言っても減ったときにメンタルがやられて大変なんですけどね。メンタルがやられると仕事、私生活、とにかくあらゆる面に影響が出るので気をつけてくださいね。

だからぼくは運用を任せることにしたわけですが。

それでも投資は好きなので、全部じゃなくほんの一部は残して自分で運用してます。

ぼくが運用を任せているところは正直、勝ちのときの利幅は小さいです。でもね、ほとんど負けないし、負けてもめちゃくちゃ小さい。だからちょっとずつ増えるんですよね。

これ、自分がやると勝つときはガツンと勝つんですが、負けるときはほんとガツンとやられるんですよね。投資って、むずかしいですね。

▲ページトップに戻る